【知らないでは済まない?】運転中に愛犬を膝の上に乗せるのは法律違反に!!

愛犬が運転中に膝の上に乗っていると法律違反ちょっと役立つ話

膝の上で愛犬を乗せながら運転することは絶対にしてはいけません。

愛犬とお出かけする時には車移動する方が多いですが、知らず知らずのうちに道路交通法違反している可能性があります。

乗せ方が可愛い、癒されるなどと言った理由で安易に行ったことで結果として現行犯逮捕までされてしまった事例もあります。

車に愛犬が乗る時の乗せ方や気をつけなければいけない点などしっかり把握した上で安全にドライブを行えるようにしていきたいですね。

安全に運転することやリスクを分かっていることでドライブを楽しむことが出来るようになります。

この記事がおすすめの方
  • 車で愛犬と出かけることが多い方
  • SNSなどに写真をアップすることが多い方
  • 愛犬とよく写真を撮る方
スポンサーリンク

犬はそもそも法律的には物扱い

ルール

ペットの犬については道路交通法で考えると乗員ではなく物扱いになり、着座位置の指定やシートベルト着用などの義務はありません。

つまり必ずここに座らなくてはいけないという法的拘束はありません。

ぽてまる
ぽてまる

私たちは物扱いなんだねぇ。

もちまる
もちまる

ちょっと切ない…

しかし法的拘束がない犬でも、安全運転を妨げる場所にいること法律違反になることがあります。

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

道路交通法 第五十五条

簡単にいうと運転手が正常に運転が出来ない可能性がある場所にヒトを乗せたり物を置いたりしてはいけませんということです。

あくまでも運転手が安全に運転できるような環境であることが最優先になるので、安全を担保できない位置に愛犬がいる場合には法律違反になります。

特にやってしまいがちなことがあるので紹介しておきますので注意しましょう。

犬が車に乗っていてよくある違反事例

警察車両

実際に犬が車に乗っていてイメージする行動としてあげられるものがあります。

やってしまいがちな2パターン
  • 運転中に運転手の膝の上に乗せて運転する
  • 車の窓から犬が顔を出している

2点はSNSなどでもよく見かけることがあると思いますが、果たして本当に違反にならないのでしょうか?

愛犬を膝の上に乗せて運転する

車内で膝の上に乗る白い犬

愛犬が大好きだからこそやってしまいがちな光景としては犬を膝の上に乗せて運転をしてしまう行為です。

膝の上で運転することで愛犬も不安にならずに大人しくしてくれる可能性は高いですし、飼い主も安心することが出来ると思います。

しかしこの行為は道路交通法違反になります。

正常なハンドル操作を妨げ安全に運転することが出来ないことが理由になります。

実際の出来事として、2020年5月2日に札幌市で51歳(当時)の男性が犬を膝の上に乗せて運転していたところを道交法違反(乗車積載方法違反)の疑いで現行犯逮捕されています。

愛犬が窓から顔を出す

車の窓から顔を出す犬

愛犬が窓から顔を出している写真もよく見かけることが多いと思いますが、この行為も道路交通法違反になります。

その行動は可愛いですし見ていても癒される光景ではありますが注意して下さい。

理由としては愛犬が窓から顔を出していることでサイドミラーが見えずに巻き込み事故を起こしてしまう可能性が高くなるからです。

正しく積載させていなかったとして道路交通法違反になる可能性が高くなります。

犬は膝の上に乗せずにドライブボックスに

ドライブボックスに入る犬

先程説明した通り、膝に乗せたり、窓から顔を出してる光景が可愛いと思っていても安全上で考えれば行うべきではありません。

一瞬の判断が必要な時に、膝に乗せたりしていることが要因で飼い主も愛犬も重大な事故を起こしてしまいかねません。

では愛犬とお出かけしたいときにはどうすればよいのでしょうか?

愛犬を乗せる時にはドライブボックスを使用することで、愛犬がのんびりかつ安全に乗ることが出来るようになります。

ドライブボックスには繋いでおけるハーネスが付いている物も多く、安心して待機させることが出来ます。

クレートは狭くて嫌いな愛犬がいたとしてもドライブボックスであればゆっくり運転中も待つことが出来ると思います。

私が使用しているのはこのアイリスオーヤマドライブボックスです。

ドライブボックスは値段の幅が大きく高い物だと15,000円や20,000円のものまで、安い物だと2,000円くらいで販売しています。

アイリスオーヤマのドライブボックスは価格もお手頃価格で大きさも2種類あるので、愛犬の大きさに合わせて使用しています。

ハーネスも対角線上に2ヵ所ついている為、飛び出しも防止できます。

まとめ

まとめ

どれだけ可愛い姿をしていても、愛犬がさみしくて鳴いていても、可哀想だからといって法律違反をするわけにはいけません。

法律違反だから膝の上に乗せたり、窓から顔を出させたりさせないこともありますが、一番は車内にいる方の安全上の理由が一番大きいと言えます。

一時の感情で全てが壊れてしまう事もあります。

車の運転には細心の注意を払うことで愛犬も自分も安全にドライブしたり旅行にいったりすることが出来ます。

安全にドライブをする為に愛犬の為にドライブボックスを設置することで愛犬もリラックスできる場所も生まれて快適に出かけることが出来ます。

これからは旅行シーズンもやってきますので、車に乗るタイミングも多くなってきます。

せっかくのお出かけや旅行が残念な気持ちにならないように気をつけながら運転をしていきましょう。

この記事を書いた人
potemochi

ぽてもちです。現在、マルプー2頭のぽてまるともちまるを飼っています。子供の時に犬を飼った経験からその癒しが忘れられず、大人になっても飼っています。トータルで犬の飼育歴10年以上。

現在はマルプーのぽてまる&もちまると過ごす生活に四苦八苦しながら楽しんでいます。溺愛しすぎて何でも買ってあげることをやめたいです…。
飼育歴10年以上だからこそ分かる楽しさや辛さ、気を付けないければいけない点など今から飼おうと思っている方に分かりやすくお伝えしていきます。

ミラーレスカメラのα6400を使って様々な愛犬の姿を記録に収めています。
愛犬家の皆さんにはスマホではなくカメラで記録に残してもらい日々の成長を楽しんでもらいたいです。

お仕事の依頼があればTwitterDMまでお願いします。

potemochiをフォローする
ちょっと役立つ話
スポンサーリンク
potemochiをフォローする
ぽてもちの家

コメント

タイトルとURLをコピーしました