【ミラーレス初心者】α6400を買う時に一緒に買うアクセサリーは何か?

α6400を買う時に合わせて買うアクセサリカメラ

ペットを可愛く撮りたいから、ミラーレスのα6400を買ったけどあと何を買えばいいの?

初めてα6400を購入する方にとっては、ミラーレスで撮影をするのにカメラだけ買えばいいのか、他にどんなアクセサリを買わなければいけないのか分からないと思います。

私もなんのアクセサリが必要かは知りませんでした。

α6400での撮影を始める時には買わないといけないものが多くありそうな気がしますが、実際に調べてみるとそんなに多くはありません。

そして必要なアクセサリ類は「必ず購入するもの」「購入しておいた方がいいもの」「まだ購入しなくてもいいもの」3つに分かれます。

商品を選べば揃えても1万円でお釣りがくるくらいで揃えることが出来ます。

初心者がカメラの他にも買わなくてはいけないアクセサリをチェックして、撮影する時に困ることが無いようにしていきましょう。

ミラーレス興味あるけどどれを選べばいいの?と思っている方は参考にしてください。

この記事がおすすめの方
  • 初めてα6400を購入しようと思っている方
  • ミラーレス一眼を買ったばかりの初心者の方
  • 愛犬をカメラで撮影したいと思っている方
スポンサーリンク

ミラーレスのα6400に付属されている物

カメラ機材一式

まずα6400を購入しますが、そもそも新品か中古かでも付属されているものは異なります。

最初に購入する時は極力安く費用を抑えたいと思うのが初心者だと思いますので、中古も視野に入れている方が多いと思います。

新品と中古品では付属されているものも異なりますし、中古で購入の場合購入物が多くなりますので注意しておきましょう。

α6400の新品を購入する

ミラーレス一眼を新品で購入しようとすると、どのメーカーにおいても付属品には変わりありません。

  • カメラボディ(本体)
  • レンズ(レンズキットの場合)
  • バッテリー
  • 充電コード
  • ネックストラップ

撮影をする上で必要なもののうち90%のものは揃っている状態になっています。

ミラーレス一眼を初めて購入する時にはレンズキットを買う事がほとんどだと思うので、レンズも付属しています。

α6400を中古で購入する

ミラーレス一眼を中古で購入する場合にはカメラ本体のみでの販売がほとんどなので、カメラの本体(ボディ)以外のレンズやネックストラップ等を別途購入する必要もあります。

そして中古品は慣れている方、自分で物の劣化具合などを分かる方が購入するやり方であり初心者が迂闊に手を出すと失敗する可能性もあるのでオススメできません。

しかしコストで考えると安く購入できる為、どうしても中古で安くといった方は信頼できる中古ショップで購入すると良いでしょう。

なおミラーレス一眼の購入方法はこちらの記事でもご紹介しています。

必ず購入するSDカード

SDカード5枚

ミラーレスのα6400を購入する際に必ず購入しなければならないものが1つだけあります。

  • SDカード

カメラのレンズキットを購入してカメラもレンズも手に入れたとしても、SDカードが無ければ写真を保存することが出来ません。

SDカードは規格や容量など様々ありすぎて、初めての方はどれを選んだらいいか分からないと思います。

気にするべき点は規格・容量、スピードの2点だけです。

規格・容量

規格とはそのSDカードがどの形式になっているかを示した言葉であり、SD・SDHC・SDXCの3種類あります。

名前は3つありますが、3種類のSDカードの違いは容量の違いだけです。

SDSDHCSDXC
0~2GB4GB~32GB64GB~

α6400で使用するSDカードは64GB~のSDXCタイプになります。

写真メインでも動画メインでも64GB以上のSDカードを選んだ方が良いです。

SDHCの32GBを使用しても問題ありませんが、愛犬の写真を撮る時には連写することも多いので極力容量が大きいカードがおすすめです。

128GB以上のカードになるとたくさん写真を撮れますが、万が一カードが破損した時にデータがなくなってしまうのでSDカード1枚に大量の写真を入れるやり方はしない方がいいでしょう。

スピード

SDカードを選ぶ際にスピードも重要な観点になります。

写真を撮ってもその写真のデータがスムーズにSDカード内に転送されなければ意味がありませんし、時間がかかるとその待ち時間がストレスになります。

SDカードのラベルの意味

α6400で使用するSDカードを選ぶときに気をつけるポイントは全部で2つだけです。

  • UHS-1規格
  • UHSスピードクラス3

この2つが備わっているSDXCタイプのSDカードを選ぶようにしてください。

見分けるポイントも簡単でこの2つのマークがついているカードを選ぶようにしてください。

64GBと32GBのSDカード

UHSスピードクラスは1と3がありますので間違えないようにしましょう。

SDカードは色々種類がありますが、2つのポイントさえ押さえておけば問題なく使用できます。

アクセサリとして購入した方がいいもの

カメラなどの機材

α6400を購入した際に合わせて購入した方がいいアクセサリは全部で4つありますが、どれも買っておいて損はありません。

  • 液晶保護フィルム
  • レンズプロテクター
  • メンテナンスグッズ
  • カメラバッグ

液晶保護フィルム

ミラーレスの液晶保護カバー

スマホもそうですが、カメラも液晶に傷がつくと修理するのにも費用がかかりますので直さずに使う方が多くいます。

しかし液晶に傷がつくだけならまだいいですがタッチしても反応がなくなった場合などは修理するしかありません。

液晶を修理する場合は安くても2~3万、高いと4~5万くらいがかかってくるので、可能であれば保護フィルムを貼っておいた方がいいですね。

4~5万かかる修理代が約1,000円で防げると思うと安い買い物ですね。

レンズプロテクター

レンズプロテクター

レンズプロテクターとはレンズの前に付ける透明なガラスのフィルターのことを言います。

レンズプロテクターについては賛否両論で付けない方も多くいると思いますが、初心者こそつけるべきです。

カメラは高価なもので大切に使うのでレンズプロテクターは必要ないと話をされている方もいます。

しかし私はカメラの初心者かつ愛犬をメインに撮影する方についてはレンズプロテクターは絶対に必要なものだと思います。

まだ私自身の経験談ですが、α6400に慣れていないのに愛犬をアップを撮影しようと愛犬に近づいたことがありました。

愛犬も慣れていないのでレンズやカメラに興味津々になり、不意を突かれてレンズを舐められることがありました。

たまたまレンズプロテクターの部分を舐められたので綺麗に拭いて事なきを得ましたが初心者だからこそ距離感やタイミングが掴めないことは多くあります。

撮影になれてくるまではレンズプロテクターは必要なもので付けておいた方がいいでしょう。

なおkenkoのMCプロテクターを使用していますが、撮影に不具合が出たり気になったりすることは一切ありません。

取り付けも簡単でレンズの縁に合わせてネジの様に回すだけで設置可能です。

メンテンナンスセット

カメラメンテナンスセット

次はカメラを綺麗にするメンテナンスセットです。

初心者が1からメンテナンス用品を集め始めるとそれだけでも種類が多過ぎて悩む事も多いと思いますが、メンテナンスセットで売られているので他に用意する必要がありません

メンテナンスが必要な時とは、「レンズに汚れがついたとき」や、「埃がセンサーについてしまったとき」になるので急いで綺麗にしたいタイミングの事が多いです。

手持ちのメンテナンスグッズだけで対応できない状態になった場合には、メンテナンスグッズを購入するしかない為に買いに行く時間もかかります。

そういった事が起きないようにメンテナンスグッズ一式用意しておいて使用することが必要ですね。

カメラバッグ

巾着型とショルダー型のカメラバッグ

カメラバッグもあった方がいいですが、バッグについては巾着タイプ、ショルダータイプ、リュックタップと色々な規格のバッグがあります。

初心者にオススメするバッグはショルダータイプです。

ショルダータイプであればα6400を取り出したい時にはすぐに脇から取り出すことが出来て、なおかつ邪魔にもならないです。

巾着タイプについては手軽で持ち運びできそうな感じがしますが、これだけで持ち運ぶとなると荷物になるうえに手が塞がってしまいます。

最初に巾着タイプを購入して持ち運びしずらく、すぐショルダー型を購入し直しました。

リュックタイプは両手はあく上にたくさんのレンズを持ち運ぶことが可能ですが、初心者はそこまで荷物が増えないことやカメラを出す時にリュックを降ろさないといけません。

初心者はレンズは多くても2つだと思いますので、レンズ2本くらいが入るショルダータイプのバッグを買う事をおすすめします。

まだ購入していないもの

我慢する人

ネットなどで購入した方がいいものを検索すると残り2つほど出てきますが、どうしても必要であれば購入しても良いでしょう。

  • ドライボックス
  • ストラップ

ちなみに初心者の私はこの2つ無くても困っていませんし、今後必要になれば購入を検討します。

ドライボックス

ドライボックスとは密閉できる箱でカメラやレンズを保管する為に使います。

カメラやレンズは湿気に弱いため、乾燥した空間に保管するとカビが生えたり結露したりすることがありません。

家の構造的に湿気が溜まりやすい部屋などに保管しなければ今の所は必要としていません。

レンズの本数が増えてきた場合にはドライボックスを考えても良いと思いますが、本数が少ないのであれば風通しの良い場所に置いておいても問題ありません。

ストラップ

ストラップについては外で使用することが多かったりする場合には必要だと思いますが、新品のα6400を購入すると純正のストラップが付いてきます。

市販されているストラップはネックストラップ・ショルダーストラップ・リストストラップの3種類あります。

もちろんストラップは自分の好きな色やデザインなどモチベーションがあがる要因になるので変えたい方は多いと思いますので好きな物を購入してもいいと思います。

予算をあまりかけたくない方は最初は純正でも問題ないです。

まとめ

まとめ

α6400を初めて購入する時には必要なものがたくさんありますが、必ずしも無くてもいいものも買うと無駄な支出が増える事にも繋がります。

しかし必要最低限のものだけ最初揃えるようにすると1万円以内で購入可能です。

SDカードはもちろんですが、液晶保護シートやレンズプロテクター、メンテナンスセット、カメラバッグなど購入しておいた方がいいものを最初は用意しておくくらいで問題ありません。

家でしか使用しない明確な目的がある場合にはカメラバッグも必要ありませんし、逆に外で使う事がメインの方はカメラバッグの優先順位は上がってきます。

α6400の使用目的によって購入するものを最低限に抑えつつ、必要になった場面で購入すれば問題ありません。

SDカードだけは買わないと写真が保存できないので購入しましょう。

この記事を書いた人
potemochi

ぽてもちです。現在、マルプー2頭のぽてまるともちまるを飼っています。子供の時に犬を飼った経験からその癒しが忘れられず、大人になっても飼っています。トータルで犬の飼育歴8年。
現在はぽてまる&もちまると過ごす生活に四苦八苦しながら楽しんでいます。溺愛しすぎて何でも買ってあげることをやめたいです…。
ブログ運営1ヶ月目でアドセンス合格&収益化達成。まだまだ成長中のブログでコツコツ積み上げていきます。
お仕事の依頼があればTwitterDMまでお願いします。

potemochiをフォローする
カメラ
スポンサーリンク
potemochiをフォローする
ぽてもちの家

コメント

タイトルとURLをコピーしました